伝説の地デジチューナー・フリーオ 故障そして復活の巻
必殺・羊羹剥がし

 .__
ヽ|・∀・|ノ <羊羹だよ!
 |__|
  | |

     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |
     7   , -- 、, --- 、  ヽ
    /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ
    |  (-=・=-  -=・=-  )  |   おまえのせいで壊れたんじゃボケ・・・・・
   /  <  / ▼ ヽ    >   、
  く彡彡 ( _/\__)  ミミミ ヽ
   `<   |__|   ミミ彳ヘ  ムシャムシャ
      >   | |  ))  /   \
     /         7      \
     |        /

 

     

長い前置き

著作権保護が過剰とも言われ、吊るしの状態では静止画キャプチャすら出来ないと言う凄まじくクソ不便で利用者に有名であった、PCでの地デジ放送の視聴&録画。
地デジPCの登場当初はチューナーの単体発売は許されず、特定のPCに付属品としてのみ提供され、他の機種につないでも使えないようにわざわざ細工がされていた
しかし、突如発売された地デジチューナー「フリーオ」によって、著作権ゴロ・・・じゃない管理者達の今までのこうした苦労は全て水の泡になったとさ・・・。
このチューナーがあれば、ディスプレイやビデオカードを選ばず、録画も加工も自由自在になりとっても便利になったのでした。
これに焦ったのかは知らないが、今までさんざん認証を拒んでいたARIB事業仕分け対象)はすんなりPC用の地デジチューナーを認証、やがて各メーカーから発売された。
あいかわらず制約はほとんどそのままだけど。
アナログ時代の便利さは何処へ。外国製を初めとして安価なチューナーボードが選り取りみどりで買え、編集も管理も視聴もとても便利だったのは今や昔。
「番組をダビングしてオークションで売られるのを阻止する」のがこの規制の理由らしいが、それなら違法出品者を訴えればいい話である。もっとマシな言い訳を考えろよジジイ。

これが噂の「フリーオ」。英語ではfriioである。
よく「フーリオ」と書いてる人がいるがそれは間違いなので注意しませう。
発売は台湾の謎のメーカー。筐体にはメーカーなどの記載は一切ない。
どちらが本体の裏表なのかは、常に議論の的である。

注文すると、EMSで国際郵便小包として届く。
お隣の台湾からなので、注文からの到着は割と速い。

ユーザーがおふざけで作った写真がそのままオフィシャルで使われたりと
適当というか、なかなか面白いですねー。


本体が黒いBS/CS版、ノートで使えるExpressCard版もある。


ここで買えます。
http://friio.com/

さて、販売HP発見時は「どうせ外人の詐欺だろ」「絶対中身は空で届く」と言われていたものの、人柱で買った人から「マジで動いたwwwwwwwww」という書き込みが乗った途端、
注文が殺到するわヤフオクでテンバイヤーが群れをなすわで一大お祭り騒ぎになった。
その後、改造チューナーやアースソフト製PTシリーズなどが登場、かつて程の勢いは無いものの、それでもこのお手軽さから今もユーザーは非常に多い。
一時期あったプレミア感は既に無く、現在は手軽に購入可能。テンバイヤーは不良在庫に苦しむ。
ユーザーサポートは2chの掲示板である。そこが半ば公式なので、たまに本物の開発者が登場する。


さて、本題。
このチューナー、発売元が謎である上に認証無しなチューナーなため、多くの者を敵に回している。
後述するが、フリーオを構成するパーツはメーカーや出所を隠すように刻印の切除やマスクなどの加工がされている。
そして、構成や使用電子部品を秘匿する目的で基板の一部に樹脂を流し込んでマスクしてるんだけど、その樹脂のせいでチューナーが動作しなくなってしまう。
皆はそれをフリーオタイマーと呼ぶ。
故障の原因は熱が篭るというのが大方の予想だが、詳しくは謎である。(温めたら直った例もあり)
そこで、この樹脂を外してしまおうというスレが2chに建ち、ユーザーによる報告書き込みなどで賑わっている。どうも最終的にはこれのせいでほとんどの個体が不調になるらしい。
で、この憎き樹脂が黒くて四角い為、この羊羹のような樹脂を剥がす作業を「羊羹剥がし」と皆が呼ぶ。
剥がすと、かなりの確率で復活する。ただし分解するとメーカー修理は効かなくなるので、捨てるつもりでやってみましょう。


6月某日
サッカー日本-オランダ戦を楽しみにしてた所、突然壊れた。

フリーオ死亡

全く受信しない。0dB/0Mbpsである。EPGはなぜか見られる。
理由は知らないが、たまに「42dB」になることもある。死にデジベル・・・・・・
とうとううちのにも故障キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!・・・・・って喜ぶ事じゃないんだけど。
そこで、羊羹剥がしを決行する。

※その他、「HardwareなんとかError Code #2001」というダイアログが出てブッ壊れることもよくあるらしい。


スポンサード・リンク

用意するもの
アイロン +ドライバー 当て物の紙(コピー用紙でOK) 精密ドライバのマイナス つまようじ
火傷防止に、手袋を用意してもいいと思う。
 
分解します 封印シールは切れます まずは、ガワをばらす事から。

カードリーダー部の上のネジ一本を外す。
開封時に封印シールが切れるので、これにて保証は終了となる。

「Friio Seal」の書体が妙におしゃれなのが謎・・・
下にスライドすると外のカバーが簡単に外れる。
勘違いして凡をむりやり広げて外そうとすると、多分割れます。
これが噂のようかんマン! 中身はこんな感じ。

ここに見える黒いものが、通称ようかん。
羊羹とは言うが、この状態ではカチカチで全く歯が立たない。

ここのビス4本を外す。無くさないようにしましょう。
白いカバーと半透明のカバーを分離する。
部分的に軽いハメ込み構造になってるので、
イライラして思わずエイヤッ!ってやって壊さないように、
干渉する部分を微妙に広げたりして外しましょう。

主な干渉箇所は、写真の所(LEDの所)がある。
接栓のギザギザのせいで外しにくいです こんな感じで外れる。

接栓の部分のギザギザが引っかかってちょっと外れにくいので、
慌てずに慎重に。
羊羹と基板の部分を横から。
プラスチックを型枠代わりにして羊羹が流し込んである。
プラスチックと基板の間には、流し込んだ羊羹の漏れ止めの為の、
パッキン代わりのスポンジシールが挟み込んである。
これはB-CASカードの読み取りユニット部分。
この場所は後に重要になるので、きちんと把握しておきましょう
いよいよアイロンの登場です。

何の心配もせず「高」に設定、しっかり予熱する。
遠慮はいらない。
「すてるな」に見えるが、「あてるな」と書いてある。字が汚くてスマン。 アイロンは基板の裏側(羊羹の裏)から当てる。

まず基板に用紙を敷き、その上から羊羹の部分(白いシルク印刷枠部分)に
アイロンをしっかり当てて熱する。
この際、カードリーダー部分には絶対に当てないように注意する事。
熱で変形してカードが挿せなくなります。

8〜10分、しっかり熱しましょう。
通電していない電子部品は意外と熱に強いので躊躇しない事。
ここで中途半端な熱し方だと、後で必ず後悔します


※注意
アイロンが間違ってスチームになってないかを確認しましょう。
カードリーダーがぶっ壊れた場合は、こうした外付けカードリーダーで代用可能です。
早まってフリーオを捨ててしまわないように。

ついでにE-Taxで納税も出来ます。
NTT-ME SCR3310-NTTCom
プラスチックとスポンジの間に差し込んで持ち上げると、羊羹が基板に残りやすい。でも基板には絶対に傷を付けないように。 しっかり熱したら、冷えないうちにマイナスの精密ドライバーで
プラスチックをゆっくりと基板から起こすように持ち上げる。
ドライバーで基板を傷つけない様、慎重に基板とスポンジの間(重要)部分に
3mm程度ドライバーを差し込んで、てこの要領でプラスチックを起こす。
(てこの部分の基板部に部品がないかを確認。不安なら当て物をしても良い)

ここで、きちんと剥がれているかをこま目に見ながら、じわじわ持ち上げる。
しっかり加熱されている場合、ちゃんときれいに基板と羊羹が分離する。
怪しかったら途中でやめて、また熱する。


※基板が熱くなっているので、火傷に注意。
しっかり熱していれば、こんな感じでベロンと取れる。
ちなみに、多少残ってても大丈夫らしい。

今回、ちょっとだけ残ってしまった。左に見える奴が残った物。
仮に残っても、後から取れる。
残った場合は、再び裏から熱してつまようじでコリコリこすると取れる。
横着をして、冷えて羊羹が固まってから強引にゴリゴリやると、
一緒にチップ部品まで取れてしまう事があるので注意。
また、硬いドライバーでやると、基板に傷が入ってパターンを損傷したり、
(殆どの場合、パターンの修理は非常に困難)
はずみでチップ部品を割ったり吹っ飛ばす危険があるのでおすすめしない。
あと、水晶発振子(銀色の楕円形のパーツ)が弱い(取れやすい)らしいので、
これらはあまり執拗にこすらない方がいいかも。
多少残ってても問題ない場合が多いので、壊しそうなら妥協するのも手。

このように、綺麗にはがせた。
基板はあまり公開して欲しくないらしいので、一応消してある。
まぁググッたら普通に写真が出てくるんですけどね。

加熱不足で強引に剥がした場合や、運悪くパーツの裏まで羊羹が
回り込んでしまった場合、羊羹にくっついたまま基板から剥がれる場合がある。
その場合は、がんばってハンダ付けして復旧してください。
特に水晶発振子が取れやすいみたいです。
(しっかり加熱すれば、部品剥がれはかなりの確立で防げます)
冷えると凄まじく硬くなるので、熱いうちに取ってしまいましょう プラスチック側の羊羹を取り除く。
加熱して穿り出してもいいし、写真のように枠ごと破壊して取り除いてもOK。
どうせここは蓋をすれば見えなくなるので適当で良い。

羊羹は冷えると意外と硬くなり、結構難儀する。

カッターナイフの刃を焼いて熱し、
それでサクサク切り取るという方法もあるらしい。
冷却のしっかりしたケースに詰め替えると理想です あとは、元通りに組み立てましょう。

よく見ると強引に羊羹を取ったせいでプラスチックにヒビが入ってるがキニシナイ



ん?基板の写真がそのままだわ・・・まぁいいか。


冷却効果を期待して、凡を付けずにこの状態で使ったり、
他のケースに詰め替える人もいる。
PCに内蔵するのもいいかもしれませんね。
元通りに接続する。
映ったー!


※組み立て後、しばらく置かないと直らない事もあるらしい。
羊羹を外しても直らなくて諦めて放置後、
ある日ふとつなげると直ってたりする例もかなりあり。


色んな意味で謎がいっぱいのフリーオであった。
カードの認識がうまくいかない不都合が発生する事が確認されています。
どうもバスパワーだかUSB関連の影響らしいので、カードリーダーを別に用意すると解決する場合があります。
うちも、カードリーダーは外付けしています。
NTT-ME SCR3310-NTTCom

おまけ。

羊羹のない部分は、人に見られたり解析されることを想定しているのか、
部品の素性を徹底的に隠滅させている。

半導体の印字は削られ、チューナーはマジックでシリアル番号が消されている。
これらの作業は、これを見るにどうやら手作業でやってたらしい。

羊羹の部分も、あんな変なものを流し込まないで、
これみたいにICのパッケージを削って見えなくすれば良かったのに・・・
どう使い分けてるのかわからん。

スポンサード・リンク

その頃、2chでは・・・

フリーオ発売当時の伝説のスレ(クリックで当時のログが読めます)

・まだ到着前
Friio 地デジHDアダプター 「フリーオ」
Friio 地デジHDアダプター 「フリーオ」 2うわw目
Friio 地デジHDアダプター 「フリーオ」 3うわw目
Friio 地デジHDアダプター 「フリーオ」4うわw目
ここまで、いろいろ憶測が広まったり、EMSのトラッキングにwktkしたり、税関に一喜一憂したりとダラダラ進行する。
実は詐欺商品ではないかという心配事も結構見られたりする。

そして・・・
Friio 地デジHDアダプター 「フリーオ」 5うわw目
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/avi/1194223045/
241 : ◆TI43dHNC0I :2007/11/05(月) 15:30:29 ID:qv2ZFRSb
ゲットだぜ

245 :名無しさん@編集中 :2007/11/05(月) 15:30:54 ID:1JOSw6Ly
キタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!


246 :名無しさん@編集中 :2007/11/05(月) 15:30:57 ID:smaYFqSn
>>241
うわw
以後、お祭り騒ぎが続く



関係先リンク
映像制作@2ch掲示板・・・通称・DTV板。いくつかフリーオ関連のスレがある。上述の「公式サポート」スレもここにある。
Friio - デジタルハイビジョンテレビアダプター 「フリーオ」・・・販売サイト。所在地はヒ・ミ・ツ。なぜか「www.friio.com」と「www.friio.net」があるが、どちらでもよい。
地上波デジタルチューナー friio的 Hiki・・・疑問に思ったことは、だいたいここで解決すると思う。


こまけぇこたぁいいんだよ!!へ戻る   トップページへ戻る

(C)anaroguma.org 2010
中身の無断転載はよしてね